So-net無料ブログ作成

群馬の1100万年前地層で発見 化石は新種のヒゲクジラ類(産経新聞)

 群馬県立自然史博物館(富岡市)は16日、同県高崎市の約1100万年前(後期中新世)の地層で平成14年に発見された化石が新属新種のヒゲクジラ類と判明したと発表した。博物館によるとヒゲクジラ類の新属の発見は国内で3例目。

 桐生市のアマチュア研究家でみどり市職員、清水勝さん(41)が高崎市吉井町の鏑(かぶら)川で発見。清水さんの名前などから「ジョウモウケタス・シミズアイ」と命名された。

 化石は長さ約75センチの頭部や背骨など。博物館が既存の化石や標本などと比較し、ヒゲクジラ類ですでに絶滅した「ケトテリウム科」の新属と確認した。体長は約4メートルと推測した。

 博物館の木村敏之学芸員によると、クジラは進化の過程で鼻骨の位置が顔の前面から頭頂部側に移っていく特徴がある。今回の化石は中間的な段階にあることが確認できるという。

 横浜国立大の長谷川善和名誉教授(古脊椎(せきつい)動物学)は「クジラの進化を調べる上で、非常に貴重な資料になる」としている。

 発見者の清水さんは「自分の名前が残るのは一生に一度あるかないか。化石の研究に貢献でき、非常にうれしい」と喜んでいる。

【関連記事】
かつては深い海だった…宍道湖からクジラの化石
「生きた化石」公開 えら5対、半透明の新種貝
野尻湖で26年ぶりにナウマンゾウの牙先端出土
クジラ提供すし店閉店 アメリカの交錯した建前と本音
「映画観てる場合か」ヒゲの隊長、路チュー大臣に喝!
外国人地方参政権問題に一石

捜査報償費、協力者に支払わず=愛媛県側が逆転敗訴−高松高裁(時事通信)
明石小の保存をイラストで訴え(産経新聞)
放鳥トキ、産卵か=3組目、卵確認できず−環境省(時事通信)
堺1歳男児死亡 交際相手の暴行明かせず 泉大津でも(産経新聞)
入省したての農水省職員逮捕 女子大生触った現行犯 警視庁(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。